【PKCZ®︎ CULT CLUB Vol.67】MOVIE『死刑にいたる病』


『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』など、 大好きな映画を手がけまくっている白石和彌監督の最新作です。 原作を読めていないので各キャラクターの生い立ちや人生の経歴を 深く知れていない為、少し理解に欠けている部分があるかもしれませんが めちゃくちゃ胸糞悪くて気持ち悪い映画でした(褒めてる)。 実際の知能的なシリアルキーラーって、あれぐらいの感じで社会に溶け込んでいて 綿密に計画を立てて人をコントロールしているんじゃないか?と 思わされる阿部サダヲさんのガラス玉みたいな目玉の雰囲気が演技とは 思えないぐらい凄いです。 白石監督は前作『孤狼の血 LEVEL2』しかり”グロ"をエンタメ化していますね。 僕正直余りにアレだったので、何度か薄目で観てました。

鑑賞後、冒頭の映像そういう意味だったのかと気がつき メチャクチャ気持ち悪かったです。。。 個人的に 1 つだけ"マジでそうならなくて良かった"と思わされるストーリーが あったのと、どう考えてもそれは無理ある気がすると感じてしまう 表現があるのですが、大ネタバレになるので観た方と色々話したいです。 ...って最近コレばっかり書いてますね(汗