【PKCZ® CULT CLUB Vol.59】MOVIE 『THE BATMAN-ザ・バットマン』



噂通り物語として"暗くて⻑い"作品でしたが、僕は圧倒的支持派です。


ストーリーは原作の”探偵"としてのバットマンの雰囲気が踏襲されていて、 謎解きの要素を中心に進んでいくのですが、僕的にはキャラの衣装と 車やバイクなどがメチャクチャシンプルに作られていて、歴代の中でも 1 番カッコいい バットマン作品だと感じています(ヒース・レジャーのジョーカーも捨てがたいですが)。


衣装に関して、キャット・ウーマンのニット帽を切ったような、 ほっかむりスタイルは初見で若干ビックリしましたが、 モスグリーンを基調としたスタイルに クリアのスポーツメガネを掛けたリドラーがカッコよすぎでした。


そして何より特筆すべきは音楽。


映画のクラブのシーンの音楽が超重要なのは言わずもがな。 本作は Patrick Topping に Kevin Saunderson,Peggy Gou,Baauer, Alesso と、 ピックアップのラインどりもバッチリで、IMAX で体感する 4 つ打ちのグルーヴはかなり最高。

ちょいネタバレになっちゃいますが、 バリー・コーガン演じるジョーカーの姿は出てこなくて声だけの出演でしたが、 次回作以降で登場の予感がするので、どんな出で立ちなのか超気になります。